製菓や調理の専門学校でスキルUP│目指せカフェオーナー

パティシエ

調理を学校で学ぶ

案内

調理の専門学校を選ぶ際には、自分の学びたいジャンルや、卒業後の進路、学費など様々なことを総合的に判断して選んでいくことが大切です。また、学校によっては就職のフォローが徹底している所もあります。

社会人で働きながら学ぶ

パティシエ

製菓の専門学校では、高校生だけでなく社会人やフリーターの人もたくさんいます。社会に出てから自分のお店を持ちたいと考えた人も多く、その人たちのために夜間や週末など様々な時間帯でプログラムを組んでいます。中には週1回という通学の所も多く、自分の無理のないように通うことが可能です。社会人で製菓を学ぶ人は、やる気がある人が多く、明確な自分の目標を考えている人もたくさんいます。このような仲間達に出会えることで、自分自身のやる気につなげていくということも可能です。週に1回という授業数でも、しっかりと知識と技術を吸収し、自分でお店を経営しているという人もたくさんいます。製菓の専門学校を卒業後はカフェオーナーや、有名カフェのパティシエなどとして働いている人が多く、自分の夢を叶えています。

製菓の専門学校に通う際には、自分に無理のない範囲で通うということも大切です。特に社会人の人が学ぶ際には、仕事と両立できるように余裕を持ってスケジュールを組んでいきましょう。なお、製菓の専門学校によってはアルバイトを斡旋してくれるという所もあります。学んだ技術をそのまま現場で活かすことが可能で、実際の製菓の現場では、どのような人材が求められるのかを直接知ることができます。お金をもらいながら、実際の現場を体験することで、学校で学ぶことの吸収も早くなります。製菓の世界は実力主義の所も多く、様々な経験を積むことがそのまま今後のスキルとして役立ちます。自分に合った学校を選んで、着実にスキルや技術を学んでいきましょう。

素敵なカフェを経営する

厨房

カフェの学校では、調理やドリンク、経営など様々な知識を得ることができます。また、学校で出会った仲間は卒業後も相談できる仲間として長い付き合いをすることも可能です。

製菓の技術

厨房

パティシエの技術を学ぶには、専門学校に通い技術を身につけることが一番です。実践的な授業に力を入れている所も多く、在学中からコンクールの参加や販売の機会が与えられることもあります。